今まで捕まえた駆け魂は匹ですよ!
神無空間・神無は掲示板に書き込んだり、他ブログにコメントすることはほとんど有りません。有ったとしても否定的なことは書き込みません。ご注意ください。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄弟愛でからくりサーカスネタbyハヤテのごとく31話(元ネタ分かる限り)

2007年10月29日 23:40

一週間の始まりはブログの更新から。神無です。

ついにハヤテのごとく人気投票 in Webの方も100票超えました。
現在一位はもちろんヒナギク。

(投票してくれてる人たちが空気読んでナギって投票しない事がうれしいです。)

さて今回の31話いきなり
20071029213626.jpg

咲夜『ナギー遊びに来たたでぇ~~』
咲夜さんが出てきました。今回はどうも咲夜さんメイン?な話らしいです。(オリジナル)

そして一方のメインヒロインのナギは

20071029214141.jpg

タマに火の輪くぐりをやらせていました。
ってちょっとまて・・・この格好ってまさか!?

20071029214555.jpg

タランダ・リーゼロッテ・橘の衣装じゃないですか!?(からくりサーカス)
まさか自分の大好きな漫画のネタがハヤテで見れる日が来るなんて・・・

からくりだと自信を持ってないリーゼにドラムは従わなかったけど、自信満々のナギにタマが従わないのは
わっかが小さすぎるだけ。

とそんなミエミエのボケを見てしまったら
20071029220124.jpg

20071029220133.jpg

20071029220205.jpg

咲夜『あほか!!!!!!』
この人がツッコまずにいられるわけが有りません。

20071029220703.jpg

咲夜『そんなちっこいわっかくぐれるわけないやろ!?というか動物虐待は著作権ネタ以上にやばいって散々シナリオ会議で言われてるのを知らんのか!?』
ナギ『ふん。脚本家の1人や2人クビになろうと、メインヒロインがおろされるわけではないからな。』
とまあこんな事をしていると・・・

20071029221124.jpg

タマが咲夜さんのほうに懐いてしまいました。
というかタマ・・・
お前どこを触っているんだ?

まあ話を戻すと咲夜さんは面倒をみるのが上手らしいです。

20071029221406.jpg

昔のことを思い出して赤面するナギ。
どうも昔ナギは咲夜さんのことを本当の姉のように慕っていたそうです。

20071029222725.jpg

マリア『可愛かったんですよ~あの頃は。』
その『あの頃』のことも気になりますが今は後ろにいる
あーくん&かーくんの方が気になります。


20071029223205.jpg

咲夜『大体ナギは自分より小さい子の面倒を見たことないさかい、いつまで経ってもお子ちゃまなんや』
ナギ『馬鹿にするな~~~!!私にだって下に兄弟がいれば、咲夜なんかよりずっとうまく面倒見てやれるのだ!!』
咲夜『ほんまか~~?なら証明してみせぇ?』
ナギ『いいだろう!!おいハヤテ!!』



20071029223622.jpg

ハヤテ『な・・・なんでまたこんな格好に・・・』
20071029223740.jpg

マリア『かわいい~~』
ナギ『喜べ!!よく似合ってるぞハヤテ!!』

どう見ても女だろwww

まあナギはハヤテを妹と見立ててお世話すると言ってるみたいですが・・・

20071029224106.jpg

ナギ『ナギお姉さま~と言いながら泣きながら私に抱きついて来れば良いのだ。』

それなんてプレイ?
流石深夜34時。

20071029224752.jpg


ハヤテ『うわ~~んナギお姉さま~~』
ってお前までどこ触っているんだ!?
20071029224806.jpg

20071029224826.jpg


20071029225630.jpg

ナギ『どさくさにまぎれてやらしいことをするとは。私はお前をそんな悪い子に育てた覚えはないぞ!!』

20071029225637.jpg

ハヤテ『許してください・・・お嬢様・・じゃないナギお姉さま。』

まあ本当の子供じゃないと何か気分が出ない・・・と言い出すナギ。

いきなり子供を2~3人連れて来いと言います。
もしつれてこなかったら・・・
20071029230130.jpg

ナギ『他にもこんなものが用意されているのだが・・・』
おじゃ魔女のハナちゃんの服かよ・・・

と10秒ほど待つと・・・


20071029230334.jpg

ハヤテ釣れて連れて来ました~~』

20071029230433.jpg

     一輝と瞬
一同&神無&視聴者の98%『えええええええええええええ~~~~』

まあどうも拉致ってきたんじゃなくて迷子らしい・・・

警察に届けようとすると・・・
20071029230749.jpg

泣き出してしまいますし・・・
ハヤテ『怖がらなくても大丈夫ですよ警察だっていきなりイングラムで攻撃してきたりしませんから・・・』
20071029230923.jpg

咲夜『迷子で特車2課が出動するか~~~』

まあ子供が丁度欲しかったナギは面倒見ることにします。
まあそのときの
『とてもお金持ちなおねいちゃん』と言う言葉が気になりますが・・・

(そこはとても可愛いお姉ちゃんだろぉ?)

まあどっちみち子供たちの親は捜さないといけないわけで・・・

20071029231356.jpg

ナギ『SP部隊召還!!』
20071029231404.jpg

ナギ『いいか!!三千院家SP部隊の名に賭けても、この兄弟の親を必ずや見つけ出すのだ!!』
20071029231411.jpg

20071029231416.jpg

20071029231422.jpg

戦争でも始める気ですか?

20071029231430.jpg

ナギ『私のことはナギお姉さまと呼ぶのだ。』


20071029231438.jpg

兄弟『ナギお姉さま。この壺いくら?』
ナギ『それはせいぜい一千万ぐらいのものだ』
アテナの壺は一千万らしいです。
20071029231446.jpg

兄弟『ねえ?この絵は?』
ナギ『それも三千万はせんだろう・・・』
バッボの落ち込んでる絵は三千万ぐらいだそうです。

とまあここでここで咲夜さんがトラップカードを仕掛けて起きますがそれは後でのお話・・・

今度はもっとレアなものを見せると言って兄弟を連れて行きます。


20071029232340.jpg

っておい!?コレ子供に見せるものじゃないぞ!?
ってナギも子供だ~~~


ちなみにこのとき心配してみているマリアさんとハヤテの横には・・・
20071029232521.jpg

いんくがいます。
ちなみにナギが毎日やってる事と変わらないそうです・・・
何やってるんだ?毎日。

20071029232709.jpg

ナギ『お前たち、まだわかってないようだな・・・みよ!!コレなぞこの世に200部しか存在しないと言われている幽遊白書まぼろしの最終話を収録した・・・』
20071029233001.jpg

咲夜『あほかい!!』
ナギ『イタイ!?』
DVDでも見せられないものをTVに流すなよ!!
20071029233134.jpg

咲夜『どこがお世話しとんねん!!小さい子相手何やし、他になんかやる事あるやろ?たとえば絵本読んで聞かせてやるとか・・・』
ナギ『え~~めんどくさ~~い』
クレヨンしんちゃんネタキタ~~~というか幽遊白書最終話だったら自分は見たいです。

そしてこの時に同人誌と言う単語を深夜34時に流していいことを知りました。

まあ咲夜さんから子供がすきそうなものをあたえてやれ。と言われ・・・
20071029233640.jpg

ひらめいたナギは・・・
20071029233706.jpg

タマに会わせます。
そらぁ普通怖いわ・・・

20071029233821.jpg

そしてまたもえたん・・・

そしてまた・・・
20071029233905.jpg

咲夜『あほかい!!』

んで結局子供は外で遊ぶ事になりました。

後半(Bパートへ続く)


 ↑押してくれると(かなり)喜びます。
関連記事


コメント

  1. 震駭の堕天使@筋肉革命 | URL | g8zYarQ2

    獣使いの次は、獣の槍ですかね!

  2. 海里 | URL | p6EfLFRs

    こんにちは~♪
    今回のオリジナルは良かったんじゃないでしょうか?
    咲夜のナギを思う気持ちに惚れましたww
    タマ…久しぶりの出番でこの扱い…まぁ慣れてるかな?ww
    次も咲夜の出番あり!!ww

    ではでは~☆

  3. 神無 | URL | IZmV9GYY

    震駭の堕天使@筋肉革命 さん>
    更にそのあとはオリンピア・パンタローネ・あるるかん希望。

    海里 さん>
    次回も咲夜さんの出番があって何より。
    それを記念して(うそだけど)イラストうp。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fckanna.blog37.fc2.com/tb.php/259-15f314e5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。