今まで捕まえた駆け魂は匹ですよ!
神無空間・神無は掲示板に書き込んだり、他ブログにコメントすることはほとんど有りません。有ったとしても否定的なことは書き込みません。ご注意ください。

電波教師 135話  感想

2014年09月01日 11:18

さて!鑑先生のノーショット攻略!!その答えは一体何だったのか??解答がついに今週ですが…

司令官不在による同士討ちの誘発!!
なるほど…確かに指揮官が居ないと友軍打ちになることもあるでしょう。
でも鑑先生にしては…なんというか…普通。

しかし鑑先生にはまだ何か別の狙いがあるようです。
掴んでる状態??とは??この上が未だあるというのか!?
命がかかってる時でもやりたいことをやる!!それが鑑先生!!

しかし、そのやりたいことをやるという可能性のために那由多の姉は死んじゃったらしい。


あー病気でか…
まあ鑑先生だたらなんでも出来そうな気がしますが…
でもどこでもドアって…病院の中からでもどこでも行けるように
そんな感じでつくろうとしたんじゃないんかなぁ~~

それとも鑑先生だから全く別の考えなんでしょうか?
はたまた単純に作ってみたいから作ったのかな??
ええい!!鑑先生だったらどっちでもありえるから困ってしまう!!

にしても電波教師でこういった話の流れになるとは思わんかったわ…
なんだかんだで死人が出るとは思ってなかったからなぁ~
でもこんな話をしながら集中力が持続する鑑先生はやっぱり何か信念があるのでは…??

とここで思ったけど
やっぱり那由多は多重人格になってるとかそういったものじゃない…よね?
うーーーんいまいちわからない。

というかこの姉妹自体も常識から考えると十分 不可能を可能にしてるわけですよね?
鑑先生が居てもいなくても何らかの原因で限界突破してた気がするのですが…

とここで出てきたのが

ポアンカレ予想
P対NP問題
ホッジの予想
ヤン=ミルズ方程式と質量ギャップ問題
リーマン予想
ナビエ・ストークス方程式の解の存在と滑らかさ
バーチ・スウィンナートンダイアー予想

という7つの問題なんですが…

ごめん…リーマン予想以外聞いたこともなかったよ…。

その問題にチャレンジすることとなった鑑先生ですが…
コレ、わかりやすく漫画で説明するだけでもかなり難しいぞ??

限界なんか無いという鑑先生と
限界を証明させようとする那由多ですが…
コレはある意味漫画の限界でも有る気がするなぁ~


<感想>
電波教師で出てくる何らかのものはリアルでも同時期に進展がある法則

ヒッグス粒子とかは同時期でびっくりしましたねぇ~
エースコンバットの戦場の樹砂の筐体利用とかもありました。

電波教師の那由多との戦いの最中に上記7つの数学的問題が進展する!
なんてことがあったらちょっとびっくりなのですがはてさて…??
漫画も気になりますがソッチのほうが気になります。

漫画はなぁ…電波教師で死人が出るとは思えないからなぁ…なんとも。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fckanna.blog37.fc2.com/tb.php/1653-6d75f40e
    この記事へのトラックバック