今まで捕まえた駆け魂は匹ですよ!
神無空間・神無は掲示板に書き込んだり、他ブログにコメントすることはほとんど有りません。有ったとしても否定的なことは書き込みません。ご注意ください。

260話のエルシィ桂馬を読んで考えずに書いた内容。

2014年02月12日 00:20

神セカイ 260 007

エルシィが消えた…いまmで自分が愛してきたエルシィが…

6年間自分の生きがいだったエルシィが消えた。
もう一度エルシィに会いたい。

もし他の世界、平行世界のエルシィが戻ってきても
違う異次元世界のエルシィということだ…

いままでたくさんお思い出があったエルシィでは似のかも知れない…
調理室でケーキを作って傘を振り回していたエルシィや
桂馬のゲームを間違って買ってくるエルシィ
桂馬のことで悩んで一緒にオフロに入ったエルシィ
遊園地でデートをしたエルシィ
桂馬と家族になったエルシィ
一生懸命かのんちゃんの代役を果たしたエルシィ

どのどれかが違うエルシィなのかもしれない。
かつて自分はエルシィの活躍がなかったことになった1年前のあの展開


違うんだよ!前回のエルシィの活躍は「今までの集大成だから」「事実がなくなっても桂馬が覚えてるから」とか
「読者が見てるからいいじゃないか!」とかそういった言葉で気持ちでやりこめれるものではないんだよ、エルシストには!
例えばアレだ「我が子の晴れ舞台をビデオ撮影してて完璧に撮影できた!と思ったらテープが入ってなかった」
そういったたぐいなんだ!…いや微妙に違う。

先週までのエルシィは、ソレはソレは不遇だった。
バディとして活躍の機会をかのんの代理という形で1週間こなし
そしてとても忙しいスケジュールを慣れない代理・代役で見ず知らずの人しか居ないところに単身で乗り込んで仕事をこなす。
少しの時間があれば桂木家が荒れないようにと家事・炊事をこなしに帰る。
ソレを読者視点で2年以上コミックス10巻もこなした。

その後の過去編で桂馬と一緒に活動できる!とおもいきややってることは20話使って移動手段と子守り!
さらにエルシィは一晩野宿という扱いを受け、完璧なコンディションと言えないにもかかわらず

桂馬のピンチに駆けつけ!長年(半年)の協力者としてのチカラを発揮!
アイコンタクトでの連携プレイの末ついには10年前の精鋭とも言えるヴィンテージを撃破に至ったのだ
それをなかったコトにされて納得しろ!と言われ ハイそうですか!といえるほど私は人間ができているわけではない



でこう書いているわけだが、今回はその比ではないのかもしれない。

来週の展開でどうなるのか?ソレは自分にはわからない。
最後に残された天理から何か解決策があるのかもしれない。

今は仮定、そして可能性でしか無いわけだがこのままエルシィが消えるのはありえないと思いたい。
エルシィ…もう一度いや…何度でもエルシィの活躍が見たい。
可愛く桂馬の周りを動きまわって桂馬を困らせるエルシィが見たい。

それで自分は救われる。
自分自身とエルシィとでは次元も違う。そもそも創作物だ。ソレはわかってるし、理解している。
だが…エルシィが笑ったり、喜んでる表情は、私の心を照らしてくれるんだ…

今のこの…ショックな自分には必要なんだ…エルシィが復活すると言う事実が。
それだけで自分は生きる希望を来週のサンデーを読む力が出るような気がする。

うしおととらで流の兄ちゃんが死んだ時のような
からくりサーカスで最古の四人の3人が死んでいった時のような。
そういう悲しさを払拭してくれる希望がほしい。


ああ、エルシィ…本当にエルシィの笑顔が見たい。
関連記事


コメント

  1. ゼク | URL | -

    Re:260話のエルシィ桂馬を読んで考えずに書いた内容。

    絶望するの早過ぎ
    バッドエンド嫌いっつってんのに悪いようにはならんでしょ

  2. 神薙神無(神無空間 | URL | IZmV9GYY

    Re:260話のエルシィ桂馬を読んで考えずに書いた内容。

    >1.ゼク さん
    エルシィ関係に関してはソウルジェム濁るのはやいんだよー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fckanna.blog37.fc2.com/tb.php/1595-d7dd1b99
この記事へのトラックバック