今まで捕まえた駆け魂は匹ですよ!
神無空間・神無は掲示板に書き込んだり、他ブログにコメントすることはほとんど有りません。有ったとしても否定的なことは書き込みません。ご注意ください。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波教師 101話 自分の意思 感想

2013年11月30日 18:28

今週の電波教師!!

相手の妹が倒れたとか…

エースコンバットのFALKENが使われたとかどうでもいい!!

俺にとっては…

神セカイ 251 002

A-10 サンダーボルトが使われたことのほうが嬉しい!!
ドイツ軍ルーデル氏の意を汲んで作られた、小型、高性能、機動力が主流の現代
『当たらなければどうということはない!』を追求してる中
『当たってもどうということはない』
を実現した逆の意味でロマンあふれる機体。

戦闘内容的には

ファルケンの長所と短所
A-10の超長所と短所

ともに出しあった素晴らしい戦いでしたね。

地面の下に居る、と言うのはバトオペでもよく起こりますからね~~


しかしココで鑑先生のいいなぁ~と思えるセリフは
神セカイ 251 003

全力ってのは出さずにいたら、
それが実力になっちまうもんだ。


この台詞はいいセリフですね。的を得てますよ。


しかし2戦目は本来あったタッグバトルじゃないしなぁ~
3戦目はまた元に戻ってタッグバトルになるのだろうか?


すでに言いたいこと言ってるし
もし2戦目がドローだったら 一勝一敗一分で消化試合になるのかな?
20%もってるし…ドローで終わらせるのかな?


そもそも班戦争ってドローだった場合どうなるの?
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fckanna.blog37.fc2.com/tb.php/1565-244de222
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。